大手車買取業者を比較してみた!|アップル編

~ここまでのおさらい~
今回売る車はセレナ
新車購入時の価格:380万円
オプション費用:20万円
走行距離:約4.3万km

はずかしながら細かい傷が目立つ

そしてこれまでの査定では、

ガリバー査定/当初70万円。その後85万円までアップ

カーセブン査定/当初90万円。その後100万円までアップ

ビッグモーター査定/当初95万円。その後100万円までアップ 約1ヶ月の代車無料付

ラビット査定/当初90万円。その後101万円までアップ。

 

 

ラビットの査定では、即決を条件に最高額の101万円という査定額が出たわけですが、

最後にアップルの査定が控えているのと、

ビッグモーターの100万円+代車付というのが魅力的過ぎた僕は、

即決などできるはずもなく101万円を断り、

最後となるアップルの査定を受けることに。

 

事前に調べていた感じでは、対応が良いなどの高評価の口コミが多く、

オリコンランキングでも第1位となっていることから、最も期待を寄せていたのがアップルなんですが、

さて、結果はどうだったのか?早速みていきましょう。

 

同じ日に3社の査定の約束をし、ビッグモーター、ラビットと査定をしてもらい3社目の査定がこのアップルさん。

 

正直、1日に3社の査定を受けるのは中々体力のいることで、

ビッグモーターで満足のいく条件が出ていたということもあり、

このアップルでは最初の査定だけで判断し、

交渉するのはやめておこうと決めていました。

 

肝心の査定結果は?というと、

残念ながら88万円。

最高額にはなりませんでした。

 

交渉すればもっと高額の条件を提示してもらえた可能性は十分にありますが、

先ほども言ったようにクタクタに疲れていた僕は交渉することなく、

その査定を終えたのです。

 

今思えば、このブログで各社の査定についてお話させて頂く上では、

しっかりと交渉を行い、その結果までご紹介したかったところなんですが、

すみません、アップルさんの査定額についての情報はここまでとなります。

 

ただ、前評判どおり、

対応についてはとても丁寧な印象を受け、

特になにも不満に思うことはありませんでした。

流石と言ってもいいくらいで、

オリコンの車買取業者ランキング1位というのも納得です。

 

接客重視という方や、買取業者にあまり良いイメージを持っていないという方、

車を売るのは初めてだから不安に感じるという方は、アップルがおすすめかもしれないですね。

 

ということで、

全部の5社の査定を受け、見事に満足のいく条件で車を売ることができた僕ですが、

最後に「まとめ」として、

車を売る時にはこうしたほうがいいよ!

というお話を次回書いていきたいと思います。

 

特に、車を高く売りたい!と思っている方には有益な情報になるかと思いますので、

是非楽しみに待っていて頂けたらと思います。

それではまた!

大手車買取業者を比較してみた!|ラビット編

~ここまでのおさらい~
今回売る車はセレナ
新車購入時の価格:380万円
オプション費用:20万円
走行距離:約4.3万km

はずかしながら細かい傷が目立つ

そしてこれまでの査定では、

ガリバー査定/当初70万円。その後85万円までアップ

カーセブン査定/当初90万円。その後100万円までアップ

ビッグモーター査定/当初95万円。その後100万円までアップ 約1ヶ月の代車無料付

 



では、続いてラビットさんに査定してもらった結果に行きましょう。

ビッグモーターの査定を終え、

内心ビッグモーターに売ることにほぼほぼ決めていた僕なわけですが、

一応査定してもらう約束があと2社あったので、

断らずに査定してもらうだけしてもらおうということで

ラビットさんにも査定してもらいました。



最初に総合的な評価を行っておくと、

担当者の対応は比較的良好

だが、

車の査定時間が他と比べて長い。とにかく長い。

というのが率直な感想です。

 

今までの査定は15分程度車をチェックするだけだったのが、

ラビットの場合には、だいたい30〜40分くらいは見てたんじゃないかなと思います。

担当する査定士にもよるんだと思いますがこれにはちょっと疲れましたね。

最後のほうは、「次の査定の約束があるんで…」と言って急いでもらったくらいです。



査定の流れとしては、

最初にアンケートの記入を求められ、

その後査定するという感じです。



このアンケートには

車の売却理由や次に購入する車の検討状況などがあり、

それに加えて

査定してもらう車の売却希望価格と他社の査定額も記入する箇所があります。



が、

僕の場合は売却希望価格と他社査定額については書かずにおきました。

だって他社査定額を教えてしまったら、

最初にそれが基準になってしまって交渉材料がなくなっちゃいますし、

売却希望価格を教えたらそれより高く売れることがなくなりそうですからね。

 

なので、皆さんも

このへんの項目は未記入にしといたほうがいいと思いますよ!

 



そしてそのあとに長めの車チェックに入り、

いよいよ査定額の発表。



ラビットの出した結果は…

 


90万!



残念ながら100万円を超えることはできず。

 



まあここまでは想定内だし、

ビッグモーターで満足しているんで、

この結果で終わってもいいんですが、

一応いつものように交渉をしてみることに。



僕「実は他社さんで100万円という金額が出てるんですが、それ以上で買取してもらうことって出来ませんか?」

ラ「そうですねぇ、今ここで決めてくれるというなら他社さんと同じ101万円で買い取らせて頂きますが。」



なんと、100万円を超えたではありませんか!!



僕「ちなみに代車を1ヶ月間無料で付けてくれるってゆうとこもあったんですが付きますかね?」

ラ「代車ですか?元々そんなに代車の用意がないので1ヶ月はちょっと厳しいですかね。」

僕「そうですか。分かりました。でもこの後に1社査定してもらうことになってるので、正式なお返事はその査定の後でもいいですか?」

ラ「いえ、101万円は今決めてくれるのが条件です!」

僕「分かりました、でもやっぱり今決められないんで諦めます。」



このあと少々のやりとりをしましたが、

ビッグモーターでほぼ決めていた僕は営業に屈することなく断り、最後の査定に向かうのでありました。